世界銀行のレポートに基づくとバングラデシュは2020年まで世界で最も安い労働力を提供する国のひとつであると言われています。バングラデシュ政府が規定する最低労働賃金は非熟練工で月収100US$と定められています。
また、首都のダッカ市内だけでも約2000万人のバングラデシュ人が居住していますので、労働力集約型の事業を初めとして豊富な労働力が企業の成長の手助けすることが出来る環境が存在します。
政府が積極的にITCに関する教育に力を入れており、Rubyのエンジニアなど非常に数多く輩出されており、米国のシリコンバレーなどからは積極的に人材の獲得が行われている状況です。このように優秀なエンジニア、プログラマーが数多く輩出されていることからシステム開発、WEBサイト構築などに関して最も魅力的なオフシュア先として注目されています。
日本からの時差もマイナス3時間であるという点も鑑みると益々その魅力を増すバングラデシュですが、商習慣や風習などに配慮しなければ当然にビジネスは暗礁に乗り上げます。このようなことが発生しないように私たちは万全のサポートを行うことが出来ます。

サポート内容

  • • 現地法人設立
  • • 現地法人会計管理
  • • 現地法人運営サポート
  • • 現地人採用コンサルティング