ローカライズ支援サービスとは

バングラデシュ進出ナビが提供するローカライズ支援とは、現在、日本にて運営されている事業を「もし、バングラデシュで展開するならどうなる?」という観点から総合的な分析・アドバイスを行うサービスです。

 

現在、バングラデシュでは自動車(中古車)や家電製品をはじめとした多様なプロダクトが多く流通し、「JAPAN」クオリティーとしてバングラデシュ国民から大きな支持・信頼を得ていますが、例えば、中古車の場合、ガソリンではなく天然ガスが主流のバングラデシュにおいて、給油系統の部品を差し換えガスで動くタイプに改良して販売しています。

 

このように、日本国で販売されているプロダクトでも、バングラデシュで販売する場合、何らかの改良が必要とされる場合が多くなります。仮にローカライズせず、そのままバングラデシュで販売・流通できるプロダクトやサービスだったとしても、現地ローカル要素(バングラデシュ国の文化や習慣・消費者の価値観・価格妥当性etc)を的確に捉えたマーケティングが必要となります。

ローカライズ例を一部ご紹介

【飲食サービスのローカライズ】
和食や日本のスーツは世界的にも人気があり、もちろんバングラデシュでも人気が高いカテゴリの一つとなりますが、イスラム教徒が90%以上を占めるバングラデシュでは、メニューの選別やハラル公示の方法によって消費者の反応が大きく異なります。焼き菓子を多店舗展開する会社さんでしたが、消費層のターゲティングから、商品の価格設定、出店地のマーケティング、店舗運営に関わる要素のアドバイスをさせて頂きました。この後は、日本からの輸入にするのか?現地生産(一部の原材料)にするのか?などを詰めれば、おおよその事業構想が完成します。

 

【ITサービス・商材のローカライズ】
日本で展開するデジタルコンテンツ(ECサイト)販売をバングラデシュ国内でも展開できないか?という相談。バングラデシュは英語圏でもありますが、やはり一番心地の良い言語はベンガル語ということで、検索ワードの分析から翻訳、サイト制作・決済方法・価格設定などをアドバイスさせて頂きました。まだこちらの事業は運用体制の構築中ですが、クライアントさんはとても前向きに進出を検討して頂いています。

 

その他、多数「うちの事業をバングラデシュでやってみたらどう?」という疑問に対してアドバイスさせて頂いていますので、是非お気軽にご相談ください。

ご相談・お問合せは

企業名(法人の場合のみ記入)

御氏名 (必須)

連絡先

メールアドレス (必須)※半角入力

お問合せ内容